blog index

mind passport

心の旅先を決めるのは私たち自身。自由な心の旅に出かけましょ!
<< 震災のお見舞いを申し上げます | main | 「こころ・からだ統合セラピー講座」のご案内 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ACジャパンのテレビCMに思う事
JUGEMテーマ:日記・一般

震災後、やたらに流れる「AC」のCM。
ACジャパン(旧公共広告機構)とはいったい何?調べてみると以下の説明。

” ACジャパンは、広告を営利目的のためでなく、公共のために役立てようと、全国の企業が集まった団体です。広告を通じて住みよい社会作りに貢献することが願いです。”

なるほど〜

今は果てしなく流れるこのCMが耳障りだ!と怒り沸騰の視聴者からの苦情が殺到し
ACが謝罪文を掲載したとか・・・
今はあの最後の「エ〜シ〜♪」は流れていません。

このことはさておいて・・・・
このコマーシャルを初めて聞いた時の事を思い出してみましょう。

きっと誰もが「良い事言ってるな〜」って思ったと思うのです。

『「心」は誰にもみえないけど、心遣いは見える。
「思い」はみえないけど「思いやり」は誰にでも見える』 
                     宮澤章二『行為の意味』

高校生男子の迷いから一歩前に進んだ・・・そんな演技が好感を覚えます。

喧嘩をした小学生・・・
爐笋気靴話しかければ やさしく答えてくれる“

まさに交流分析の「プラスのストロークの返報性」です。

私はこのコマーシャルを見るまで、良く知りませんでしたが
先に紹介した宮澤章二は10代向けに心に響く言葉を多く書いています。
これは人間として「希望の言葉」のように感じます。

先のブログに書いた、被災地の知人たちはみんな無事でした。
でも、今なお苦しんでいる人たちが山のように居ます。

身体的な面もさることながら、被災地の皆さんの「心」が心配です。

ACのコマーシャルも一度だけ聞いた気持ちになってみたらどうでしょうか?
今こそ「心遣い」と「思いやり」を生きる力に換えて、心をひとつにして乗り越えて行けたら今より素晴らしい日本がそこに待っていることでしょう。

被災地の一刻も早い復興を願って・・・

みんなで頑張りましょう!
| nonno | 思う事 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:54 | - | - | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://calenntherapy.jugem.jp/trackback/18
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ