blog index

mind passport

心の旅先を決めるのは私たち自身。自由な心の旅に出かけましょ!
<< お笑いドッキリとトラウマ | main | 「ヒマ」な時間と人生のメリハリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
傾聴ボランティアを始めました
JUGEMテーマ:日記・一般

今月より、「傾聴ボランティア」を始めました。

場所は、お花のボランティアでもお世話になっている介護施設「たんぽぽ温泉・ディサービス」です。

今月の初回は私一人で行って来ました。


今回お話を聞かせて頂いたのは利用者のおじいちゃま。
トロトロとイスの座ってうたたねをしている所をおじゃましました。

約40分間、お話を伺っていましたが、さすが高齢者の方は、人生経験豊富で知識も豊富。
とても勉強になりました。

40分間、殆どお話されてみえましたが、カウンセリングとしてではなく、傾聴目的での対面は初めてだったので、自分自身がとても不慣れな感じがしました。

カウンセリングも同様ですが、間が空くとついつい話題を提供したくなります。
そこをグッと我慢して、そんな時はお話して下さったことの中から少し質問をしてみたりします。
でも、待つことも大事なんですよ。

今回お話を伺ったおじいちゃんは、しっかりなさってみえましたが、今後は重度の認知症の方のお話を聞く機会もありそうです。

人は誰でも「自分の話を聞いて欲しい」・・・という願望はとても強いです。
自分の事を理解して欲しい、願望の表れです。

ご高齢者の方の場合、特にご家族も忙しかったり、話をしても否定されたりすることも多く、心の中は淋しかったりします。

傾聴は心に寄り添って、とにかく聞く事が原則です。

今回のおじいちゃん・・・最後にシード(施設の中でのみ使用可能なお金)で「喫茶室でお茶でも飲んで帰ってちょうだい」と貴重なシードを下さいました。

そのシードはスタッフの方に理由を説明し、感謝の気持ちを込めてお渡して、東日本大震災の義援金にして頂きました。
ただシードをくれたおじいちゃんの気持ちが本当に嬉しかったです。

今後機会を見ては私の尊敬する心理学博士の榎本先生が考案された「自己物語法」で自分の人生を振り返りながら人生のエピソードを語っていただく機会ができれば・・・と思っています。

次はどんな方のお話が聞けるのか、楽しみです。

少しでもお役に立てるよう、頑張って行ってきます!

| nonno | 日々の事 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:43 | - | - | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://calenntherapy.jugem.jp/trackback/21
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ